スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

私の紀州釣り

 2015-06-07
僕は結構人の釣行記を読みます。


よく読ませてもらっている人の釣行記はすごく面白いんですが、なぜ面白いのかというと、事細かにその人の考えが書かれているからです。


自分は紀州釣りの醍醐味は、


自分の理屈が通じた瞬間 = 自分が思ったように釣れた = パターンにハメた時


と思っています。 だから色んな人十人十色の「紀州釣り理屈」を聞くのが好きですし、自分自身、話すのも好きです。笑
そして心の中では「自分の紀州釣り理屈が一番正しい」と思っていたりもします 笑


紀州釣り好きの方は多かれ少なかれ、こんな感じの魅力を感じられているんじゃないかなーと思っています。(間違っていたらごめんなさい)


だから釣り仲間と釣行の行き帰りや釣り中に話す、「紀州釣り理屈ディスカッション」が結構好きだったりします。


その日一番釣った人の紀州釣り理屈が一番正しくて、ドヤ顔が出来ます 笑


それで釣友にドヤ顔された時には、また一つ、新しい勉強になるわけです。


話を釣行記に戻しますが、最近の自分の釣行記は自分の考えが少なくて、読んでて面白いのかなーって思いました。


でも休みがあれば釣りに行きたい派なので、ゆっくり釣行記を書く暇がないというのが現状です。

でも、今日はわりかし暇なんで、自分の基本的な考えをまとめてみようと思いました。


というわけで今回は僕の紀州釣り理屈をドヤ顔でご紹介したいと思います(笑)


まずタックル。


なんでもいいです。 笑
強いて言うなら、深場や磯は固め(魚を確実に取りたい、アワセをしっかりかけたい)、浅場は柔らかい目(釣り味を楽しみたい)で自分はやってます。
なので、竿2本以上の水深や磯では、黒斬T、エリネスの1.5、波止場ではダンプリングSPを基本的に使っています。
リールはレバーブレーキ付きがオススメです。怪物級のやつがかかった時に、ドラグだとしんどいかもです。


ライン
沈むやつ。
テクニシャンとか、「全層フリーダム沈め」 を使ってます。
ラインメンディングを繰り返すのが面倒だからです。

P1010043.jpg
テクニシャン

2014-0133_l.jpg
全層フリーダム沈め


ハリス
なんでもいいです。
個人的にはVハードが好きです。
波止では1.2 磯では1.5、大型狙いは1.75か2号です。


ハリ
なんでもいいです。
個人的には軸が太くて重い、ウルトラ競技チヌの2号が好きです。
大型狙いの時は4号を使います。
ukyougi-4.jpg


自分がこだわるのはここからです。

まずダンゴ。

ダンゴの配合は時期とポイント、もっと言うと、エサ取りの量で変えます。


①エサ取りが少ない時(エサ丸残りでほとんど取られない) 時期で言うと、12~4月。
(単位はcc)
糠4000
砂2000
麦400
サナギ1000~1200
アミエビ800
活きサナギミンチ荒 半分
オカラ200~600(ダンゴの割れによって調整する)

って感じです。
ここで重要なのが砂とサナギで、割れを促進するために、粒子の荒いものを使います。
なので砂は珪砂5号、サナギは粗挽きを使います。


オカラは濁りを出して魚を寄せるのに使います。
このオカラが、のっこみ期には特に大事だと僕は考えています。
オカラを入れると中層から濁りを出してくれるので、浮き気味のチヌが底までダンゴを追ってきてくれるようになると考えています。
前回の広島では、後半のダンゴにはオカラを入れたので、後半の方がよく釣れました。


②エサ取りがそれなりにいる時(オキアミだとまあまあ取られるけどコーンは丸残り) 時期でいうと5~7月、11月
糠4000
砂2000(or 1500)
麦300
サナギ800~1000
アミエビ800
活きサナギミンチ荒 半分(ないときもある)
オカラ0~400(ダンゴの割れによって調整する)

この時期は魚にちょっとずつやる気が出始めているので、ダンゴも少し持たせる配合にします。
砂は硅砂6号なら2000、5号なら1500ぐらいのイメージです。
サナギは粗挽きを使います。
オカラははじめからは入れず、その日のダンゴの割れによって調整します。

③エサ取りがキツイ時(コーンがやられる活性) 時期でいうと8~10月

糠4000
砂2000
麦200
サナギ400~600
アミエビ200~400

この時期は基本的にダンゴを持たせる配合にします。
だから硅砂は6号、サナギも細挽きです。
エサ取りの活性が落ちてきたら、オカラではなく、パサパサダンゴを打って魚を寄せます。



次にウキです。


僕のウキに対する考え方は基本的に浅場は低浮力、深場は高浮力です。
というのも、浅場はウキからハリまでの距離が短いので、針先に浮力がかかりやすくなります。なので、できるだけ低浮力のウキを使って、サシエに自分が意図しない動きをさせないようにします。


逆に深場では、低浮力のウキだと、仕掛けに張りを作りにくくなります。このため、ウキをシモらせないために必要以上にウキ下を取ってしまいがちです。
なので、深場では高浮力のウキを使います。

実際に自分が使うウキは

竿1本まで          → 永易ウキSS、S
竿1本から1本半まで   → 永易ウキS
竿1本半から竿2本まで  → 永易ウキM、自作玉棒ウキ
竿2本~2本半        → 自作玉棒ウキ
それ以降           → 寝ウキ

という形になっています。



次にタナ。

僕のタナに対する考え方は、浅場はハワセ気味に、深場は寝せ気味に、です。
理由は以下の通りです。

まず浅場。(竿本1と7分くらいまで)
浅場はやはり、ウキの影響をハリが受けやすいと考えます。したがって、サシエに余計な動きを与えないために、タナはハワセ気味にします。
さらに、浅場では浮力が小さめのウキを使っているので、多少ハワセ気味でも、ダンゴの割れやエサ取りの小さなアタリを反映することができると思います。
永易ウキで言えば、ダンゴが割れるタイミングで、浮いたまま斜めになるくらいのタナ。
寝ウキで言えば、ダンゴが割れるタイミングで、ウキの先が海面から浮くか浮かないかくらいのタナで釣りをします。


逆に深場では、浮力の大きなウキを使っているため、タナを詰め気味にしないと、ダンゴの割れ、エサ取りのアタリを認識できません。そして水深があるので、高浮力のウキでタナを詰め気味にしても、サシエサ対してかかる力はかなり軽減されると考えます。
なので、深場では、タナを詰め気味にします。
棒ウキで言うと、ダンゴが割れるタイミングで、ウキが少し沈むタナ。
寝ウキで言うと、ダンゴが割れるタイミングで、ウキがパタパタ寝たり沈んだりしているタナです。


最後にアワセのタイミング。

アワセのタイミングも自分は結構こだわります。

のっこみ以外(というかチヌの活性が高い時)は、基本的に自分はウキが全部入るまで待って、ハリを飲ませて釣ります。

しかしながら、のっこみ期はチヌも活性が低く、なかなかウキを沈める程の活性がありません。
むしろ、浮力を嫌って、エサを放すことが多いです。
なのでのっこみ期は寝ウキが力強く立ったら、アワセます。

結果、のっこみ期は唇にかかって釣れることが多いですが、僕はこれがのっこみ期は正解なのではないかなぁと思っています。


長くなりましたが、こんな感じで釣りしてます 笑


また気が向いたら、加筆修正します。
スポンサーサイト
タグ :

2回分

 2015-06-07
6月1日 北九州、6月6日 広島

今回は2回分です。


6月1日は北九州の一文字へ。


IMG_2627.jpg

IMG_2628.jpg

IMG_2629.jpg

IMG_2626.jpg

こんな感じのとこです。


雰囲気はいい感じなんですが、なんせ浅いww


ド干潮だと3ヒロとかで、釣れる気があんまりしませんww


とりあえず朝の満潮時にポツポツ釣って、あとは全然ww

IMG_2633.jpg

型もイマイチでした。

近場で楽なんで、のんびりする時にはもってこいかな?

開拓はなかなか難しいです。


それと6月6日はまた広島へ。


こっちもイマイチ。


今年はなかなか簡単に釣れてくれませんww


イメージ的に、中層で濁り出しながら、底でダンゴをちょっと持たせて、なおかつ食いが浅いから、チョイあたりの中でも、力強いアタリをアワセる的な感じ。(言葉じゃ分かりにくいですねww)


なんしかなかなか難しかったです。


あと撤収間際から雰囲気出てきたのが悔しいww


IMG_2637.jpg
4枚でしゅうりょ―。


なんか煮え切りませんが、今年の広島のノッコミはこれであきらめますww


あ、あと福岡ではおもろいエサ、いろいろ売ってます。


食わせ丸エビの増量版がめっちゃ安く売ってたりします。


でも一番驚いたのはこれ。

IMG_2606.jpg
意外とエサもちがよくて使える 笑


でもまだこれでチヌ釣ってないんで、釣れたら報告します!
タグ :

九州初チヌ!

 2015-05-26
5月25日 大分、26日 北九州


こんばんは、りじんです。


生きてます! 笑


社会人生活に慣れるのと、車がなかったので、最近釣りに行けてませんでしたww


最近ようやく、社会人生活にも慣れ、車も親父のおさがりを貰ったので、ようやく釣りに行ってきました!


今回は2連荘。


1日目は大分の波止に行ってきました。


IMG_2596.jpg
釣り座。


この場所は湾内なんですが、手投げで竿2本くらいで結構深い。


エサ取りはまあまあ、潮も適度に流れていい感じ。


しかしながら、寝不足と雨予報(雨具用意なしww)により、テンションはダダ下がり。


「雨が降ってきたらやめよー」とか思いながら、ゆるーい感じでスタート。


エサ取りは針にかからないくらいの大きさの奴らで、なかなか苦戦。


それでもここのチヌはダンゴ触ってきてくれたんで釣り易かったです。


そんな感じでぽつぽつ拾って、サイズは小さいものの、午前中で3匹拾いました。

IMG_2597.jpg


んで雨が降ってきたんで終了ー。


んで次の日。


朝からいろんなポイントうろうろしましたが、写真やインターネットではよさそうなポイントでも、実際波止が高すぎたり、魚っ気がゼロだったりで、ポイント移動しまくり。


結局腰を据えて始めたのは昼から。


この日の釣り場は地磯。

IMG_2602.jpg




タナは満潮で竿1本弱っていう激浅場でした。


ここもエサ取り皆無ww

まあでも雰囲気は良さげなんで我慢してここで釣ることに。

んで釣りしてたら、4時くらいに永易ウキがジュバーって消し込んだんでアワせると沖に走る走る。


青物かなーとか思ってたんですが、ある程度のところで止まったんで、やり取り開始。


かなり丁寧に時間をかけて寄せてきて釣れたのは、結構デカいチヌでした。


でもこれっきりで終了―。

IMG_2605.jpg

47センチ!

久々にこんなデカいの釣りました!


とりあえず今はポイント開拓に必死です。


こっちは干満差が激しくて、1日に2、3メートル潮位が変わるんである程度水深がないと釣りにならなくて・・・。


あと、波止が無駄に高くて、何段か段になってて釣りにくかったり、関門海峡の影響で激流だったり・・・。


釣り場はたくさんあるんですが、

①紀州釣りできる波止の形状
②適度な水深
③適度な潮流

を満たす釣り場探しに苦労してます。

毎回新規開拓で楽しいのは楽しいんですが、鉄板ポイントみたいなんも早く欲しいですねー。


まあ今の時期はノッコミ終わりでポイント選定が難しいってのもあると思うんで、夏に期待します!


九州には大物が潜むと信じて頑張ります!
タグ :

間が悪い・・・。

 2015-04-29
4月26日 広島


今回は広島にちょっと用事があったので、ついでに釣りしてきました!



渡船の釣果情報では、「トップ20枚、年なしも出ている!」とのこと。



ワクワクで出発しました。



が・・・。



まず黒斬ちゃんの穂先がささくれww



なんか嫌な予感がしますww



状況はあんまり良くなく、ダンゴ割れない、エサ取られないww



そんで退屈なんで、ダンゴ投げた後に、用を足しているとアタリww



用が終わらずに合わせられず、足元のカキに入られバラしww



そんで2時間後くらいにも同じように用を足している間にアタリからのバラしww



そんで最後はきっちり合わせたんですが、デカすぎて全然止められず、プッツンww




多分歳無し級だったでしょう 笑(姿見てないんでなんとでも言える 笑)


そんでボーズで終了ー。



いやー、楽々で複数枚だと思ってただけにショックです 笑


IMG_2318.jpg


写真では分かりにくいですが、この下の見える範囲にチヌが悠々泳いでましたww


これはリベンジに行かなあきません! 笑


また頃合いを見てリベンジします。

P.S.  前回の記事にたくさんの拍手を頂き、ありがとうございました! これからも釣り頑張ります!
タグ :

配属決定と近況

 2015-03-31
タイトルの通り、配属が決まりました!

4月から福岡県民になります!!

九州はデカいのがウヨウヨいそうでワクワクしてます!!


ちなみに新居は海まで徒歩5分という、この上ない立地 笑

IMG_2257.jpg
徒歩5分の釣り場。
釣れそうでしょ? 笑


そんでもって近況を。

今年は3回釣りに行ってます。


まずは2月末に南紀の磯へ。

IMG_1882.jpg


IMG_1885.jpg

2枚獲りましたが、2枚バラしましたww



その次はぎっしーさんと南紀の波止へ。

この日はボーズ。
エサ取られたのも2、3回でなかなか、しんどい釣りでした。



最後は永易さんと南紀へ。

暴風の中、二人で頑張りました。 笑

IMG_2112.jpg


暴風かつ魚の活性がイマイチで、こっちもしんどい釣りでした。

でも色々なお話を聞くことができたので、よかったです。


あくまでも噂は噂。

周りの言うことを鵜呑みにせず、自分で見聞きしたことを信じたい、と改めて思いました。

あと、もっと周りに配慮ができる『かっこいい』釣り師になりたいなぁって思いました。

とにかく、『デカいのチヌをいっぱい釣る』ことにフォーカスして、これからの釣行を楽しみたいなぁーと、思います。


ぎっしーさん、ごちそうさまでした。


永易さん、運転等、ありがとうございました。



大阪でお世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

本来ならば、一人一人、一緒に最後に釣りに行かせて頂きたかったのですが、あいにく都合が付かず、叶いませんでした。
また大阪に行く際は連絡させて頂きます。

九州への遠征の際はお声掛け下さい!



最近サボりがちだったブログも、これから復活すると思います(多分)。


お暇があれば、たまに覗いてやって下さい。


とりあえず次は広島のノッコミの予定でーす!


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。