FC2ブログ

紀北

 2019-04-21
4月21日 紀北

今回はさらに北上して紀北の波止で竿出してきました。
6時ごろ到着したのですが、すでに波止は満員で、紀州釣りの方も4名ほど。
本命ポイントではないですが、波止の付け根の方で竿を出します。

20190502130004c5c.jpeg


釣り座


ダンゴ作ってると、先に竿を出されていた2人が既にチヌをかけていらっしゃいます。
焦る気持ちを抑えながらダンゴを作ります。
今回もノッコミ仕様のダンゴです。

序盤はダンゴの割れもよく、エサもちょいちょい取られてました。
ただ、チヌっ気はなし。
そうしてるうちにお隣さんも気配なくなったみたいです。


その後はダンゴ割れない、エサ取らない状態。


次に気配でたのが15時ごろ。
ダンゴアタリらしきものがあって、そのまま待ってたら消しこんだのでアワせようとするとウキが帰って来たので回収。

ハリスクルンクルンにされてました。

なので次はダンゴ割れた瞬間からアワせるモードで、寝ウキ立ったら鬼アワせしました。

これで無事フッキング。
42センチでした。

その後はまた気配なくなり、終了。


20190502130023c20.jpeg


201905021300307ec.jpeg



結局1枚でしたが、『釣った』チヌだったし、サイズもデカかったので、OKです。

次はどこ行こかなぁー。
スポンサーサイト
タグ :

今季初磯

 2019-04-07
4月6日 湯浅 磯

ご無沙汰してます!
またサボってました! 笑

再開するといったもののなかなか時間取れなかったのと、大した釣果なかったので(笑)更新してませんでしたww
今回は釣れたので更新です 笑

今年は実は3回目です!
3月に2回南紀行ったのですが、両方ボーズでした。
で、次は好調の噂聞く、湯浅にやってきました!

実は湯浅でロクに釣ったことがなかったので、(確か最高釣果は初めて行った時の3枚)今回も釣れるか微妙に思いながらの釣行でした。

前日ワクワクしすぎて寝れず、(笑)夜中出発で1時着後、仮眠、乗船です。

ポイントは1番行きたかったポイントは他の方が入られるとのことだったので、空いていたポイントにフカセの方2名と相乗りさせてもらいました。

初の場所だったのでポイント不明でしたが、フカセの方が常連さんっぽかったので、ポイント教えて頂きスタート。

水深は1番深くて竿一本ちょいのかなり浅めポイントです。

朝のうちはボイル取られる、ダンゴめちゃ割れる、の活性だったんですが、満潮過ぎると全然。
ほぼオキアミ返品でした。
あと藻がすごくて、かなりの確率で藻が絡まってたので、釣り座変更。


昼の船でフカセ釣りの方が帰られたので、そこのポイント入りました。

こっちも状況変わらずですが、藻は少なかったので、こちらでスタート。

釣り座
20190407125134e73.jpeg



すると14時くらいになんとなくダンゴに触った感&割れが想定より速くなったので、しばらく待つと、ウキが入って行きました。
30センチ弱ですが、ヒット!

群れ来たかな?
と思いましたが、その後はさっぱり。
で、15時ぐらいにダンゴをガッツリ触り出して3連荘。
これはめっちゃ分かりやすかったです。

その後は17時ぐらいに雰囲気感じ出したんですが、この群れが難しくて、
ダンゴにはソフトタッチ、
エサも割れてから微妙に動く、絶妙な棚設定じゃないと食わなかったです。
この群れを足場洗われながら3枚拾って、納竿。

最後は道具流されないかビビりながら釣りしてました。

201904071252182b8.jpeg


30〜40まで7枚。
正直サイズはもう少し出て欲しかったですが、腹めっちゃパンパンだったので、楽しめました。

何より湯浅でまとまった数釣れたこと、
ダンゴあたりのイージーな集団はもちろんですが、夕方と一枚目の難しい設定のも拾えたのは大きかったです。

釣りの勘が鈍ってるなーと、去年からずっと思ってましたが、今回のでだいぶ勘取り戻せた感出てきました!!

次はどこ行こうかなー。
タグ :

大阪湾2回分

 2018-11-04
復活と言っておきながら月に1回も更新なかなかできてないです、りじんです。

9月の更新から大阪湾に2回行きました。

特に書くことはないので自分の釣り紹介メインですが、どうぞ。


10月7日 大阪湾

この日も前回よく釣れた大阪湾へ釣行しました。

ただ、今回は別ポイントでやってみたかったので、別のポイントで竿出しました。

IMG_1054.jpg
釣り座

状況は前回はフグがエサ取りだったんですが、今回はアジ・サバがエサ取りでした。

あと潮が異常に早いwww

南大阪の潮早い波止よりも潮が速い。

途中重りつけたりペタペタにしたりしましたが、全くダメでしたww

ちょっとでもエサが浮くとアジ・サバの餌食といった感じで2枚で終了ー。

ここらへんはよく釣れますが、潮早い場合が多いので、大変ですww

IMG_1053.jpg
ただMAX45センチで型よかったのでよしとします。


10月28日 大阪湾

この日も前爆ったポイントに行こうと思っていたのですが、風の影響で断念。

昔、良く行った南大阪のポイントへ行きました。

周りの景色が懐かしいことこの上ないww

IMG_1052.jpg
釣り座

釣り的には特に書くこともなく、1分チョイ持たせて、オキアミで釣るっていう感じでした。

ボケはフグ、あとここの特徴のボラがいっぱいいました。

でも最近行ってるところと比べるとサイズが小さくて、途中から戦意喪失気味でしたwww

IMG_1040.jpg
多分マックス30くらい。

余りに戦意喪失しすぎて、ダンゴ作る過程とか撮ったので見てみてくださいwww

書こうと思ったのはなんか2週に1回くらいしか釣りに行けないのと、昔ほど1分1秒争って釣っていたい感じではなくなったというのが理由でしょうか。
あと、単純に僕も人のダンゴ配合とか、使用しているウキ、ラインなどの道具が気になるからです。

というわけで今回は僕がこの釣りで一番大事だと思っているダンゴについて紹介します。

材料は基本
ヌカ


サナギ
アミエビ
活サナギミンチ
おから

です。

ざっくりした作り方は
ヌカ4000
砂2000(春先・大阪湾は5号、夏場の和歌山・三重などエサ取りキツイところは6号)
麦200(春先・大阪湾は300~400)
さなぎ1000~1200(春先、大阪湾は粗挽き、場の和歌山・三重などエサ取りキツイところは細引き)
アミエビ800(1回目のダンゴは全部アミエビで練る。2回目から調整)
活サナギミンチ半袋(春先、大阪湾のみ)
オカラ200~600(春先、大阪湾のみ)

というイメージです。
入れる順番も決まっているので、戦意喪失して撮った写真とともにどうぞ。

IMG_1050.jpg
①ヌカをバッカンに開ける

IMG_1049.jpg
②砂と麦を一緒にしたものを上から乗せる。(砂は重くて沈むのでヌカより後)

IMG_1048.jpg
③この状態で混ぜる(混ぜないと水分入れた時にヌカが水分にまとわりついてダンゴの中に水分ムラが出来てしまうので。

IMG_1047.jpg
IMG_1046.jpg
IMG_1045.jpg
IMG_1044.jpg
サナギ、アミエビ、活きサナギミンチを入れて混ぜる

IMG_1043.jpg
一旦完成。
僕は釣り場に着くとまずダンゴ混ぜて、上記のダンゴを完成させて、近距離、中距離、遠投で各1コずつくらいダンゴを入れます。

距離を分ける理由はどこで釣りするか分からないからです。

で、上記のダンゴは混ぜた後すぐは水分馴染んでないので、ちょっとべちゃべちゃしますが、仕掛け作ってる間に水分馴染んでいい感じになります。

IMG_1042.jpg
IMG_1041.jpg

で、本格投入する前にオカラいれて完成。

って感じです。

オカラを入れる理由は、きちんと投げれる固さに握りつつ、底で思ったタイミングで割るためです。

理想は一番緩く握れば割れずに投げれるけれど、10秒~30秒くらいでわれるダンゴです。

ダンゴを持たせるのはいくらでもできますが、割るのは材料で調節しないとうまく割れないので。。。

以上、私のダンゴでした(笑)

次回はまた戦意喪失したときにウキでも写真撮って、UPします。

タグ :

大阪湾

 2018-09-30
9月23日 大阪湾

この日も淡路島方面でエサ取りにまみれながら釣りしようか悩んだのですが、大阪湾で良型が結構釣れてる情報をキャッチしたので大阪湾に釣場変更。

近くて楽チンだけど、日ムラ場所ムラが激しいのが大阪湾。
今日はアタリかワクワクしながら行きました。

こことは違う場所ですが大阪湾へは7月1回、8月1回行ってます。
エサ取りの薄い場所で7月4枚、8月ボーズでした。
(両方とも昼上がり)
IMG_0875.jpg
エサ取り皆無でしたが型良かったし、午前でこの釣果だったので頑張れば2ケタ釣れてたかも・・・。

で、今回の釣りに話は戻って、、、
6時前に釣場着。
今日は大阪湾なので高集魚の割れ重視ダンゴ。

IMG_0871.jpg
釣り座

初めは残っていたオキアミが数時間で徐々にとられ出し、コーンも8割なくなる活性に。
ただフグが多くてハリスをガシガシにされます。

なのでダンゴをフグをかわす仕様にしてコーン中心で釣りしてると1分弱でダンゴが割れてチビレちゃんがヒット。

次も同様のパターンでかなりデカめのをキャッチ。
そこからフグ交わしダンゴ✖️コーン✖️1分弱の割れ✖️棚詰め気味
の設定でポツポツ釣れました。

3枚釣ったところでスカリがブチ切れたので、(なんて脆弱なww)そこからは即リリースでやってましたが、チビ含めると14枚。
うち30オーバーが5枚(年なし近く:サイズ不明、41、40、35、33)でかなり楽しめました。

IMG_0873.jpg
切れたスカリ
3枚入ってました。
一番でかいのは歳なし近くあったのでショック。。。
魚にも可哀そうなことをしました。。。
一応、タモとかで頑張ったんですが取れませんでした。。。

でこっからはスカリないんで釣って、写真撮って、リリースしてましたww
IMG_0861.jpg
IMG_0863.jpg
IMG_0862.jpg
IMG_0864.jpg
IMG_0865.jpg
IMG_0866.jpg
釣った後写真撮る前に逃げられたのでエアーでww

IMG_0867.jpg
IMG_0868.jpg
IMG_0869.jpg
IMG_0870.jpg
IMG_0874.jpg



今日のポイント
■フグ交わし
フグ多いながらも集魚、ダンゴの割れは落としたくなかったので、フグ交わしの工夫でフグ交わせたのが大きかったです。
■詰め気味の棚
結構底にイガイやらがあったみたいなのでウキが気持ちダンゴを感じるくらいの棚がベストでした。
■集魚
大阪湾のチヌは特にダンゴ好きなイメージあるので、集魚濃いめにしてダンゴめっちゃ触らせる釣りがハマりました。

あとエサはほぼコーンだったんですが、コーンでこんなに枚数釣ったことなかったんでなんか嬉しかったです。

しばらくは大阪湾通います 笑
タグ :

夏場の集魚

 2018-09-24
9月16日 淡路島

久々の釣行記は淡路島から。

7時くらいに現地着。
ここは昔に外向きで20枚くらい釣ったことのある波止だったので楽勝だと思ってましたww
当日は外向きはルアーマンでいっぱいだったので内向きでスタート。


思ったより深くて13Mくらいの水深。
とりあえず手投げでやってたんですが、ちょいちょい根がかり。
手前でも1匹かけたんですが、根に入られラインブレイク。
2時間くらいで遠投に切り替えました。
お隣さんはこの時間に何枚かかけてらっしゃたので、ちょっとしくったなー、と思いましたww


そこから遠投に切り替えて釣り。
ただここは表層の潮が鬼流れるので、ラインメンディングが割と大変でした。
最近ずっと集魚マックスで行ってたんですが、これが失敗でした。
夕方アジ・フグだらけにww
お隣さんはこの時間帯に結構釣られてました。


結局午前・午後各1枚で終了ー。
IMG_0876.jpg
25センチくらい2枚


いずれもダンゴアタリ出してくるチヌだったので特筆すべきこと無しです。
とにかく集魚に失敗した一日でした。
コーンは全く無反応だったので、集魚抑えて、ちょうどい感じのエサ取りの量でオキアミ、ボケで勝負必要でした。
2回目のダンゴで集魚落としてたらもっと釣れてたと思います。。。



修行します!!

なんか久々燃えてきました!!
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫